スキューバダイビング

PADIのダイビングランク

スキューバダイビングにはOWDはじめいくつものコースとライセンスがあります。それらは新しいことを始める際に安全面から必要とされているのですが、その数は何種類もあって、把握するのはなかなか大変です。そこで指導団体パディのライセンスと講習の関係を一度整理してみましょう。

スキューバダイビングの一般的なアマチュアライセンスのランク
1、DSD(体験ダイバー) PSD(パディ・スクーバ・ダイバー)
2、OW(オープン・ウォーター・ダイバー)
3、ADV(アドベンチャー・ダイバー)
4、AOW(アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー)
5、RED(レスキュー・ダイバー)
6、MSD(マスター・スクーバ・ダイバー)

この中で本格的にスキューバダイビングについて講習で学ぶのはOWからになります。
DSDはあくまで「体験」、PSDは常にインストラクターと共に潜る必要があるうえに許容最大深度も浅めです。
OWの次はADVになります。これは後ほど紹介しますがアドベンチャー・イン・ダイビング・プログラムというものに参加し、3つの講習を受けて初めて取得できるライセンスです。また必要な講習の数は少し増えますが、ほぼ同じ条件で更にその上のAOWになることができます。
まずはこの「アドベンチャー・イン・ダイビング・プログラム」というものの仕組みを紐解いていきましょう。

はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!